2006年12月

2/2ページ

ダニエラという女

未分類 NO IMAGE
  • 2006.12.18

前半は程よい緊張感とテンポがあってよいのだけど、 なんだか後半はグダグダ。でも、こんなにコメディタッチとは 思っていなかったので、退屈せず楽しめた。 モニカ・ベルッチは脱いでもエロくないな〜。 こんなのがR-18とは。

陽のあたる場所から

未分類 NO IMAGE
  • 2006.12.05

これは面白い。ダルデンヌ兄弟がプロデュースということで 借りてみたけど、大当たり。しかし、暗いなあアイスランド。 街はまるでホラー映画の舞台のよう。 ドキュメンタリーぽい撮り方と、投げっぱなしの終わりは ダルデンヌ兄弟っぽくもあるけど、もう少し情緒的でドラマ チック。特に途中からの極寒ロードムービー(?)は、 テーマに関係なさそうなハプニング(真面目な精神科医が 狼狽していることを強調しているのだ […]

イカとクジラ

未分類 NO IMAGE
  • 2006.12.04

さすがにウェス・アンダーソン監督作品程ではなかったな。 まあ、家族って、外から見ると歪だったりするので、 これはこれでリアルにも感じるけど、末っ子がひねてる ところとかは、良くあるパターンすぎて、やや興ざめ。 画質は、まあ味だけど、美術や撮影は特別感じるところも 無かったなあ。 期待が大きかったので、相対的にネガティブな印象を受けたけど、 まあ、そう悪くはない。でも、まだ2日しか経っていないのに、 […]