2006年8月

2/3ページ

STONED(ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.13

ブライアン・ジョーンズの伝記映画と表現されたりもしているけど、伝記では無いかな。死の直前の部分が中心で、過去のシーンは説明のためだけにある感じ。まあ、ストーンズのメンバーとの関連とかは描ききれていないし、それが無くても十分と思える映画ではあった。ストーンズやブライアンのファンだったりすると、また違う捉え方になったりもするのだろうけど。予備知識とか無くても、十分に映画と楽しめる作品だった。

THE STEPFORD WIVES(ステップフォード・ワイフ)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.12

男尊女卑とフェミニズムがテーマのサスペンス(?)コメディ。コメディといっても腹を抱えて笑うというより、ブラック・コメデイ。1975年にも映画化されていて、そっちはホラー色が強いというのもなんとなく想像できる。

THE ASTRONAUT’S WIFE(ノイズ)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.12

ジョニー・デップとシャーリーズ・セロン主演のサスペンスタッチのSF。地上波で字幕放送してたので、なんとなく観てみたら、これがすごい!なんていうか、B級というよりC級で、見所まったくなし。ここまでひどい映画だと、かえって話のタネとして語り継がれそう。結構なお金をかけてこんなくだらない物を作っている人たちに拍手。

ベッカムに恋して(BEND IT LIKE BECKHAM)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.12

女子サッカーチームを描いたコメディタッチの青春映画。パーミンダ・ナーグラ、キーラ・ナイトレイ、ジョナサン・リース=メイヤーズが出演している。この映画以降、ぐんと知名度が上がった感じの人たちだな。ストーリーから何からB級で、恋愛も友情もめちゃくちゃ淡白に描かれている。インド人社会の風習も意外に厳格じゃなかったり、一貫して軽いノリで楽しめる。

MATANDO CABOS(カクタス・ジャック)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.12

メキシコのクライム・コメディ。メキシコでは大ヒットらしい。 人違いで、ターゲットとは別の人を誘拐してしまう話。ストーリーも面白いし、笑いどころも結構あった。ただ、暴力シーンがちょっとキツめなのと、間違えて誘拐された側がなんとも、、、で、少々後味は悪かった。

BANLIEUE 13(アルティメット)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.12

リュック・ベッソン製作のヤマカシ系アクション。「NO CG! NO STUNT! NO WIRE!」だそうで、、スタントマンが主演してるので、本人がちゃんとアクションシーンを演じている。ストーリーは凡庸だけど、アクションを楽しむつもりなら考えずに済むから、それはそれで良いかな。 少しコメディの要素があれば良いのになあとは思ったけど、退屈はしない映画だった。

HEAVEN(ヘヴン)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.03

トム・ティクヴァ監督。クシュトフ・キシェロフスキーの遺稿脚本。 爆破のシーンなど、いい感じでドキドキさせられたけど、結局そこがハイライトだったような、、、恋愛に至る心の動きの描写が少ないので、ジョヴァンニ・リビシ演じるフィリッポの行動は、ちょっと唐突な感じがした。そこがメインなだけに、全般に薄っぺらく感じてしまった。 ケイト・ブランシェット演じるフィリッパは悪人のくせに、、、みたいな意見もあるよう […]

WINTERSCHLATER(ウィンタースリーパー)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.03

トム・ティクヴァ監督。 サスペンスなのだけど、ちょっと散漫な感じ。それでも、わかりやすくて、あまり頭を使わなくても楽しめる。服装が色分けされてるところとか。 それぞれのエピソードの絡み方とか、なんというか中途半端なんだけど、映像にごまかされたかな。

ENDURING LOVE(Jの悲劇)

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.03

ロジャー・ミッシェル監督のサスペンス。 ダニエル・クレイグ主演。サマンサ・モートンも出てる。やっぱり軽いな〜、ダニエル・クレイグは。 サスペンスだけど、謎解きのおもしろさは無い。いや、観ている最中はすこし謎解きっぽい思考にもなったけど、終わってみれば、、、 映像はきれいで、脚本も演出も細かいところはなかなか気に入ったけど、ストーリーがちょっとなあ。それでも、総合点は結構高い気がするので、細かい作り […]

24 HOUR PARTY PEOPLE

未分類 NO IMAGE
  • 2006.08.02

マイケル・ウィンターボトム監督。 ジョイ・ディヴィジョン〜ニュー・オーダーを中心にマンチェスタームーヴメントを描いた音楽映画。 このへんの音楽が好きだから観られたけど、映画としての出来は???だなあ。実話に基づいているということを知らなければ楽しめないだろうと思われる時点で、どうかと思うけど、、、